【肝臓デトックス】肝臓をデトックスできる11種類の食べ物

こんにちは、清水です。

肝臓という臓器はご存知ですか?

肝臓は血液をろ過して、体内にあるさまざまな種類の毒素を排出します。

また、ビタミンやタンパク質を貯蔵したり、エネルギーを糖質の形で貯蔵します。

肝臓には解毒作用や有害物質を排出する機能がありますが、過度な負担がかかると、その機能に悪影響が及ぶことがあるのです。

肝臓がうまく働かなくなってしまうと、ガン、肩こり、腰痛、頭痛など様々な病気になる原因になります。

今日は、肝臓をデトックスできる食べ物を紹介していこうと思います。

ニンニク

生のニンニクには、健康に良いさまざまな効果がありますが、肝臓を守る働きもあります。

ニンニクには肝臓の酵素の活性化を促す硫黄化合物や、肝臓を保護する成分であるアリシン(硫黄化合物の一種でニンニクの香気成分)、セレン(ミネラルの一種)が含まれています。

ほうれん草

生のほうれん草もグルタチオンが豊富です。

そして、肝臓の持つ浄化作用のために必要な酵素分泌を促してくれる働きがあります。

柑橘系のフルーツ

レモンやライムもビタミンCがとても豊富に含まれているもは、肝臓を刺激して毒素を水に合成、体外へ排出する効果があります。

くるみ

グルタチオンやオメガ3脂肪酸、そしてアルギニンが浄化作用をサポートします。

とくにアンモニア成分の浄化に役立つとされています。

アボカド

栄養価の高いスーパーフードであることはすでに知られていますが、グルタチオンの生成にもとても役立ちます。

りんご

ペクチンなど、浄化作用に必要不可欠な物質が豊富に含まれており、消化器官の毒素を解毒します。

肝臓の解毒プロセスをよりスムーズにしてくれる効果もあります。

たんぽぽ

たんぽぽティーは、肝臓の脂質を分解に効果的です。

さらに、アミノ酸の生産を促進する効果もあるため、解毒効果も望めます。

緑色野菜

葉緑素が豊富に含まれているため、環境的な影響からくる毒素を吸収、むかつきなどを和らげる効果があります。

その他、重金属、化学物質、殺虫剤からくる肝臓の負担を和らげる効果があります。

ブロッコリー

カリフラワーなど、アブラナ科の野菜はグルコシノレートの分泌を増進し、発がん物質や他の毒素を排出する力があります。

アスパラガス

アスパラガスには利尿作用があり、肝臓や腎臓のデトックスを促します。

オリーブオイル

低温圧搾方で絞られたオリーブオイルや、麻の油、亜麻仁油は肝臓にいいとされています。

体内の有害な毒素を吸い上げます。

肝臓を汚さないために

肝臓に悪い影響を与える可能性のある食品に留意することが非常に大切です。

それは加工食品、ソーセージ、精製食品、乳製品、揚げ物、砂糖を多く使った食品などです。

これらの食品を摂取するのは極力控えましょう。

まとめ

肝臓のデトックスを行う期間中は、十分な水分を摂ることが大切です。

そうすれば、脂肪分の消化や水分補給が促進されます。

過剰な飲酒は、喫煙と同様に肝臓や体全体に深刻な悪影響を及ぼす恐れがあります。

バランスの良い食生活、適度な運動によって健康的な生活を習慣づけることをしましょう。

体にお悩みを抱えている方へ

当院では、最新の正しい健康情報を発信しています。

現代は、多く治療院や健康情報が世の中にあふれています。

少しでも自分の体に合った、正しいをお届けしたいと思っておりますので、ご興味のある方はLINEのお友達登録をお願いします。

無料で最新の正しい健康情報が届きます。
下記の画像をクリックしてご登録下さい。