スマホ依存症の恐怖

こんにちは、清水です。

今日は「スマホ依存症の恐怖」について話していきたいと思います。

スマホをしていると快感になる、やらないと不安になる、見てると楽しいという人が多いと思いますが、基本的にスマホをすると、ドーパミンという脳内物質が出てきます。

これは、ランナーズハイやスポーツをしていると楽しくなるなどスポーツで有名ですが、ハイテンションになったり、集中したりするとドーパミンが出ます。

この快感、癖になる、病みつきになるという感覚は、コカインと同じくらい依存性が高くなると言われています。

では、どのようにドーパミンが出てくるのでしょうか?

ほとんどの場合は、SNS(Facebook、Instagram、Twitterなど)をすることによって、いいね!やコメントがつきます。

そして、その通知が携帯に届くと、うれしくなったりしてドーパミンが出るのです。

ですので、投稿した時にいいね!がどれくらいつくのか気になる人がいると思いますが、そういうのが快感になって、やめれなくなるということです。

スマホ依存症の怖い所は、年齢制限がないということです。

ドーパミンというのは、そもそも脳の中にあるものなので、これを出さないということはできません。

お酒でもドーパミンが出ますが、お酒は20歳からと決められています。

携帯に関しては、年齢制限なく誰でも触れることができますので、小さい頃からドーパミン中毒にならないように気を付けてもらうということはとても良いことです。

ぜひ小さい子にスマホをずっと持たせないようにしてもらうと良いと思います。

今日も最後まで聞いてくださりありがとうございました。

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

Twitter
https://twitter.com/U9Bp20AJTzoSJVg

Instagram
https://www.instagram.com/kogasaki07/

パーソナルケア研究所|あなたの体や目的にあった美肌美容ケア、ボディメイク、姿勢改善ケア、サプリメントケアをお伝えしていきます。
http://shiseikenkyujyo.com

古ヶ崎中央整骨院| 松戸市で医師も推薦する整体院
https://kogasaki.com

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

松戸市古ヶ崎中央整体院院長。シンガポールでプロサッカー選手になるが、前十字靭帯断裂しサッカー選手を引退。その後自身のスポーツでのキャリアを生かし、治療家に転身。治療院だけでなく、健康の知識を正しく理解し、自分の体は自分で守ることが大切と感じ、地域で講習会を開く活動もしている。また東南アジアにも日本の治療技術を広める事業も展開している。