腰痛と肩こりの真犯人とは!?

こんにちは、清水です。

今日は、肩こりと腰痛の意外な原因についてです。

意外な原因の犯人は、「呼吸」なのです。

呼吸が浅い人というのは、肩こりや腰痛になるリスクというのは上がってしまうので、ぜひ呼吸が浅い人はなるべく深くする、普通に呼吸するように心がけてほしいと思います。

ではなぜ呼吸が浅いと腰痛や肩こりになってしまうのか?というと、ひとつのポイントは横隔膜です。

横隔膜というと、あまり聞いたことがないという人が多いかもしれませんが、ちょうど肋骨の下、肺の下にあります。この横隔膜が動くことによって、肺が膨らんだりします。

そして、横隔膜が動くことによって、腸や肝臓など下の方にある内臓たちも動きが良くなるのです。

でも呼吸が浅いとどうなってしまうかというと、あまり肺が膨らまないということです。

呼吸する時は胸が動いています。胸が動くことによって、実は肩の筋肉は、収縮や伸縮を繰り返したりしているのです。

そうすることによって、肩の筋肉が固まりにくくなっているのですが、呼吸が浅い場合だと動きが少なくなってしまうので、あまり胸が動かなくなります。

そうすると同じ状態だと筋肉は疲れてしまいます。

例えば腕を上げて、ずっと同じポーズでいたら、絶対いつか腕がプルプルしてしまうのと一緒で、肩の筋肉も同じまま動かないでいると筋肉が硬くなってしまって、凝りの原因になってしまいます。

そういう意味でも呼吸は大事です。

呼吸がしっかりできることによって、肩こりがしにくくなるということです。

次に呼吸と腰痛がどのようになっているかというと、筋肉は柔らかくすると良いと言われています。

内臓に限っては、圧縮してあげると動きが良くなるということです。

もしかしたら、この動画をご覧いただいている方の中にも整体院で内臓矯正を受けたことがある人がいるかもしれませんが、どちらかというと押される場合が多いです。

なぜ押すかというと、内臓に圧をかけることによって、内臓の機能が上がるのです。

それと一緒で、横隔膜がしっかりと下がることによって、内臓を圧縮してくれます。そうすることによって、内臓の機能が上がって、体幹周りの血流が上がります。

あとは、腹筋や背筋、脇腹、下半身の血流が行きやすくなるのですが、横隔膜が動いていないと、圧がかからないので、内臓が悪くなってしまうということです。

そうすると腰回りの筋肉の動きが悪くなってしまって、肩と同じように固まりやすい状況になってしまうので、これで腰痛になってしまうということなのです。

意外だと思うかもしれませんが、呼吸ひとつでも体に及ぼす影響はとても大きなものになるので、現代人は特に呼吸が浅いです。

運動をしないと深く呼吸するということがないので、段々必要最低限の呼吸で終わってしまうのですが、それだと効率が悪くなってしまうので、もし呼吸が浅いなと思ったら深呼吸のトレーニングをしたり、10秒間かけて息を吸って、また10秒間かけて息を吐くというのを1分間続けてみてください。

そうすることによって、肺と横隔膜が鍛えられます。結果的に肩こりや腰痛がなくなってくるということもあるので、ぜひ自分で呼吸が浅いなと思う方は今のトレーニングをやってみると良いかもしれません。

今日は「呼吸と肩こりと腰痛の関係について」話してきました。

今日も最後まで聞いてくださりありがとうございました。

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

Twitter
https://twitter.com/U9Bp20AJTzoSJVg

Instagram
https://www.instagram.com/kogasaki07/

パーソナルケア研究所|あなたの体や目的にあった美肌美容ケア、ボディメイク、姿勢改善ケア、サプリメントケアをお伝えしていきます。
http://shiseikenkyujyo.com

個別にアドバイスが欲しい方はLine@にご登録してから個別でメッセージお願い致します。
https://line.me/R/ti/p/%40rwd5754i

治療を受けてみたい方はこちらからお願い致します。
https://kogasaki.com|松戸市で医師も推薦する整体院なら古ヶ崎中央整骨院

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

松戸市古ヶ崎中央整体院院長。シンガポールでプロサッカー選手になるが、前十字靭帯断裂しサッカー選手を引退。その後自身のスポーツでのキャリアを生かし、治療家に転身。治療院だけでなく、健康の知識を正しく理解し、自分の体は自分で守ることが大切と感じ、地域で講習会を開く活動もしている。また東南アジアにも日本の治療技術を広める事業も展開している。