膝の内側が痛い時の対処法

こんにちは、清水です。

今日は「膝の内側が痛い時の対処法について」話していきたいと思います。

膝の内側が痛いと、多くの人は「軟骨がすり減ってしまったなのかな?」「半月板をやってしまったのかな?」と思う方もいるかもしれませんが、きちんと歩けているのであれば、その可能性は低いかなと思います。

もちろん心配な方は一度病院に行って、レントゲンやMRIを撮っていただくといいかもしれませんが、多くの場合は、そこまでいっている場合が少ないです。

ではなぜ痛いのか?という話ですが、だいたいがももの内側の筋肉が硬くなっている場合が多いかなと思います。

膝の内側にも、ももの内側の筋肉がくっついています。

膝の中が痛いのではなく、膝の骨、ももの骨の外側にくっついている筋肉が硬くなることによって、膝の内側に痛みが出るということが、現代人では多いかなと思います。

ではなぜももの内側が硬くなるのか?ということですが、やはり筋肉を使わなかったり、使った後ちゃんとストレッチをしなかったせいで老廃物がたまって硬くなってしまうということがあるので、少し刺激を与えてあげてください。

そのようなことをするだけでも筋肉は柔らかくなってきます。要は老廃物が流れて、本来の良い状態に戻ってくるということです。

内側は意外に筋肉がいっぱいついています。長細い筋肉などが股関節、股の部分までくっついているので、この筋肉を全体的にほぐしてあげると良いかなと思います。

ほぐし方はシンプルで良いと思います。

内側を伸ばすストレッチでも良いですし、座りながら自分でももの内側を軽くマッサージしてください。いた気持ち良いくらいがちょうど良いので、思いっきりグイグイ押して痣ができるまで押したりすると、かえって痛みが強くなってしまうということがあるので、あくまでもいた気持ち良いくらいまで、親指で押したり、クルクルと回してあげるのも良いです。

結構ももの内側は触ると痛いです。なので最初は軽くやってみてください。

このようなことをやることによって、ももの内側の筋肉が正常になっていき、そして膝の内側の痛みが軽減してくるというかたちになるので、ぜひ膝の内側が痛い人はやってみてください。

今日も最後まで聞いてくださりありがとうございました。

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

Twitter
https://twitter.com/U9Bp20AJTzoSJVg

Instagram
https://www.instagram.com/kogasaki07/

パーソナルケア研究所|あなたの体や目的にあった美肌美容ケア、ボディメイク、姿勢改善ケア、サプリメントケアをお伝えしていきます。
http://shiseikenkyujyo.com

個別にアドバイスが欲しい方はLine@にご登録してから個別でメッセージお願い致します。
https://line.me/R/ti/p/%40rwd5754i

治療を受けてみたい方はこちらからお願い致します。
https://kogasaki.com|松戸市で医師も推薦する整体院なら古ヶ崎中央整骨院

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁