反り腰を改善するもも前ストレッチ

こんにちは、清水です。

今日は「反り腰の改善方法について」話していきたいと思います。

反り腰はどういう状態かというと、横から見た時に股関節(おへそ回り)が反っているように感じることです。

おへそ(お腹)が前に出ている状態、腹圧が抜けている状態です。

反り腰になってしまうと、背骨がくっと前に入ってしまうので、腰に負担がかかって、腰痛やヘルニア、坐骨神経痛になったりする原因と言われています。

これを戻すためには、ももの前のストレッチを行うことによって骨盤の角度を調整していきたいなと思います。

やり方は非常にシンプルです。

いろんな改善方法があるのですが、今回は誰でも分かりやすくできる方法を説明していきたいと思います。

ちょう座(足を前に投げ出して座った状態)から片方の膝を曲げます。この時、足首も伸ばしてみてください。

ももの前が伸びるように、体を後ろに倒していきます。

後ろに倒した状態を3分くらい行ってください。

ストレッチというと30秒~1分くらいのイメージがあるかもしれませんが、ももの前は靭帯の中でもかなり強力な筋肉となっています。

なので実際のところ、3分くらいやると良いでしょう。

そうすることによって、足首やすね、もも、さらにはインナーマッスル、腸腰筋と言われている場所までしっかりと伸びてきます。

このストレッチの注意点がひとつだけあります。

この注意点を守らないと、逆に腰痛が悪化してしまうということになるので、ぜひ守ってほしいと思います。

その注意点は…

片方の膝を曲げて体を後ろに倒した時に、真っすぐ寝るような状態ができない人がいます。

膝が地面から浮いてしまったり、寝ることによって腰が反ってしまったりすると、腰に負担がかかってしまうので、なるべくそうならないようにしてほしいと思います。

そうならないために、クッションを背中に入れるようにしてください。

要は、下半身と上半身の角度が広がればひろがるほどよく伸びます。逆に縮めればちぢめるほど伸びが少なくなります。

ストレッチする時の注意点ですが、伸びてる感がすごく大事だという方もいるかもしれませんが、あまり伸びている状態を長くキープするとかえって筋肉は縮まってしまいます。

なので3分間できるくらいのいた気持ち良い感じで良いです。そこまで伸びている感は、ストレッチには必要ないです。

気持ち良いな…くらいで筋繊維は伸びています。

逆に痛いくらい伸ばしてしまうと、かえって損傷してしまう場合があるので、いた気持ち良い感じで3分間できる腰の角度を微調整してください。

そうすることによってしっかりと狙った筋肉に届くことになります。

ストレッチで大事なことというのは、伸ばし過ぎるのではなくて、狙った筋肉に対して正確にアプローチできるかということが大事になってくるので、ぜひ今のももの前を伸ばすストレッチを注意点をしっかりと守って反り腰を改善してみてください。

今日も最後まで聞いてくださりありがとうございました。

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

Twitter
https://twitter.com/U9Bp20AJTzoSJVg

Instagram
https://www.instagram.com/kogasaki07/

パーソナルケア研究所|あなたの体や目的にあった美肌美容ケア、ボディメイク、姿勢改善ケア、サプリメントケアをお伝えしていきます。
http://shiseikenkyujyo.com

個別にアドバイスが欲しい方はLine@にご登録してから個別でメッセージお願い致します。
https://line.me/R/ti/p/%40rwd5754i

治療を受けてみたい方はこちらからお願い致します。
https://kogasaki.com|松戸市で医師も推薦する整体院なら古ヶ崎中央整骨院

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁