砂糖中毒からさよならする方法

こんにちは、清水です。

今日は「砂糖中毒から抜け出す方法について」話していきたいと思います。

砂糖というのは、あまり体に良くないというのを知っている人はいるかもしれません。

もちろん天然の砂糖や果物の果糖は体に良いです。

良い砂糖、悪い砂糖を見分けるポイントとしては、体内から排出される砂糖は体に良いと思ってください。

逆に体内に残ってしまう砂糖というのは、体に良くない砂糖だと思ってください。

ケーキなどはあまり食べない方良いということです。

とは言っても、なかなか甘いものはやめられないと思います。

私自身も甘いものを食べてしまうことは当然あります。

そんな時にどうすれば甘いものを減らせるかということです。

全く食べなくなるというのは無理だから、そんなことはしなくて良いと思います。

ただ毎日食べているとかであれば、体に良くないし、腰痛や肩こりの原因にもなりますので、今日お伝えする3つの方法でしっかりと甘いものをコントロールできる状態にしてほしいなと思います。

一つ目は…「食物繊維を多く摂るようにしてください。」

食物繊維を多く摂ると満腹感が持続します。そうすることによって甘いものを摂りにくくなるということです。主に野菜です。

二つ目は…「タンパク質を摂るようにしてください。」

タンパク質は血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。血糖値の上昇が緩やかだと何が良いかというと、お腹が空きにくくなります。急激に血糖値が上がると体が血糖値を抑えようと一気に下げようとします。

そうすると、血糖値が下がるとまたお腹が空いたような感覚になります。

そうなってしまうと、甘いものは別腹ではないですが、あれだけご飯を食べたのに、まだ食べられるという状態になってしまいます。

そうならないためにも、徐々に血糖値を上げていくということをするためにタンパク質を摂ってほしいなと思います。

三つ目は…「良質な脂質を摂るようにしてください。」

これも血糖値の上昇を上げにくいという作用がありますので、ココナッツオイルなどを摂って、しっかりと脂質のコントロール、血糖値のコントロールをしてほしいなと思います。

このように見ると食事というのは、言い方が悪いかもしれませんが、体の反応を抑えるための餌というようなイメージで摂ってもらえると良いと思います。

どうしても今の日本だと、食べものは娯楽のような感覚がします。

すごい盛り付けや美味しそうな見せ方をして、それはそれでひとつの楽しみとして当然良いと思います。

ただ毎日食事を摂らないといけないので、そうすると食べたもので、骨や筋肉、血液が作られてきます。なので、何を摂るかはとても大事になってきます。

しいては、そういうことの積み重ねで、スポーツをやっている人だったら怪我をしやすくなってしまうし、年齢を重ねた時に病気になりやすくなったり、骨や関節がもろくなったりする原因にもなります。

しっかりと良い食事、そのためにも砂糖はあまり摂り過ぎないということをお勧めしたいと思うので、ぜひ普段の食事にこの3つのもの(食物繊維、タンパク質、良質の脂質)を入れていただくと良いかなと思います。

今日も最後まで聞いてくださりありがとうございました。

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

Twitter
https://twitter.com/U9Bp20AJTzoSJVg

Instagram
https://www.instagram.com/kogasaki07/

パーソナルケア研究所|あなたの体や目的にあった美肌美容ケア、ボディメイク、姿勢改善ケア、サプリメントケアをお伝えしていきます。
http://shiseikenkyujyo.com

個別にアドバイスが欲しい方はLine@にご登録してから個別でメッセージお願い致します。
https://line.me/R/ti/p/%40rwd5754i

治療を受けてみたい方はこちらからお願い致します。
https://kogasaki.com|松戸市で医師も推薦する整体院なら古ヶ崎中央整骨院

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

松戸市古ヶ崎中央整体院院長。シンガポールでプロサッカー選手になるが、前十字靭帯断裂しサッカー選手を引退。その後自身のスポーツでのキャリアを生かし、治療家に転身。治療院だけでなく、健康の知識を正しく理解し、自分の体は自分で守ることが大切と感じ、地域で講習会を開く活動もしている。また東南アジアにも日本の治療技術を広める事業も展開している。