アトピーってどんな症状?

アトピーってどんな症状?

アトピーについて

日本皮膚科学会によるとアトピー性皮膚炎とは、「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。
ようするに、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。
アトピー性皮膚炎の人は、アレルギー体質だけではなく皮膚のバリアー機能が弱い傾向があります。

アトピーの症状

アトピー性皮膚炎の症状には大きな3つの特徴ががあります。それは、「かゆみ」「湿疹」「症状を繰り返す」などです。
これらの症状を6カ月以上、乳幼児では2カ月以上にわたって続くとアトピー性皮膚炎と判断します。
生まれつきアレルギー体質だったり皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気なので、かゆみと湿疹が改善したり悪化したりと繰り返しんがら慢性的になります。
アトピー性皮膚炎は幼少期の場合は成長と共に中学生になるまでに改善する人が多いというデータがありますが、最近では大人になってから様々なストレスが原因によって再発したりする場合が多いという報告もあります。また大人になって初めて発症することも珍しくないようです。

アトピーの原因

アトピー性皮膚炎のはっきりとした原因は分かっておらず、遺伝性によるものや不規則な生活習慣、偏った食事、ストレスなど様々な要因が重なり合って免疫機能が低下し、アトピーという症状を引き起こすといわれています。とくに食事に関しては最近、食物アレルギーの人が多くなっている背景もあり大きな要因であると言われています。

アトピーの予防策

食事

私達の体は全て口から食べたものによって構成されているといっても過言ではありません。いつ食べ、何を食べ、どのくらいの量を食べたかによって身体の具合に大きな影響を与えています。
具体的にどんな食べ物がアトピーに有効で改善に結びつくのか、反対に症状を悪化させる食べ物があるのかをご紹介しましょう。

アレルギーを引き起こしやすい食べ物

その人やの調、環境によって違ってきますが、牛肉、魚貝類、羊肉、牛乳、タマゴ、チョコレート、ナッツは、比較的アレルギー反応を引き起こしやすい食品です。
食べてみて、かゆみ、炎症、湿疹といった反応が出たら、しばらくその食品を避けるようにしましょう。また、以前は食べても症状が出なかったとしても、体調や成長してからアレルギー反応が出てしまう場合もあるので注意が必要です。

なるべく避けた方が良い食品

添加物や保存剤、着色料といった人工的に作られた成分を消化するには大量なエネルギーが必要とされています。なのでインスタント食品もなるべく避けたほうがいい食品と言えるでしょう。インスタント食品を日常的に摂取している人は免疫力が低下している傾向があるので体調が崩れやすい傾向があります。結果、アレルギー反応も出やすくなり症状も悪化してしまう原因となります。
あとは「植物油の摂り過ぎ」には注意した方がいいです。現代の食事はこの植物油を非常によく摂取しすぎている人が多くなっています。
植物油とは、大豆油やコーン油、ごま油、菜種油、サフラワー油、米ぬか油など、植物の種実から絞って精製された油のことです。
毎日これらを大量にとると細胞膜に油の成分が蓄積していきます。それが、体をアレルギー体質に変化させてしまうのです。こうなると、少しの刺激にも過敏に反応するように体質が変化していきます。

積極的に摂取した方がいい食品

基本的に栄養のバランスを取れた食事を心がけることが大事ですが、アトピー性皮膚炎の場合は皮膚の健康維持に重要な栄養素を摂取するようにしましょう。とくにビタミン類やミネラル類は積極的に摂取することにより肌の新陳代謝を上げることができるのでお勧めです。
具体的には和食がバランスがよく肌にも優しい食事とされています。焼き物、煮物、蒸し物が中心で、炒め物や揚げ物が中心の洋食よりも脂の量がとても低いため、摂りすぎることがありません。
食事に緑黄色野菜や海藻を取り入れることで、ビタミンやミネラルをたっぷり摂取することができます。

・ビタミン(B1、B2、B3、B5、B6、B12、葉酸、ビオチン、コリン、イノシトール)
ビタミンB群は基本的に、炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に働きます。種類は豊富でそれぞれ重要な役割があるのです。皮膚や粘膜の健康維持を助けたり、イライラを緩和したりする役割があります。アトピー性皮膚炎は皮膚バリア機能の低下やストレスにとても影響をされやすいのでぜひ積極的に摂取したいですね。また、ビタミンB1が不足すると糖質の分解がうまく行われなくなるため、体内に乳酸などの疲労物質が蓄積しやすくなり、疲労が取れにくくなったりします。

ビタミンB群を多く含む食材

豚肉、うなぎ、玄米、大豆、グリンピース 、納豆、玉子、モロヘイヤ、干しシイタケ、まいたけ、豚レバー、牛肉、鶏ムネ肉、マグロ、カツオ、アジ、サンマ、サバ、 牡蠣、アサリ、卵、チーズ

・ミネラル(カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウム )
ミネラルは体液や神経の調節をし、骨や歯を作るなど、身体の基本的な構造に深く関わっています。その働きはとても重要です。

・体液(血液・細胞液やリンパ液など)の量を調節
・血液の酸性・アルカリ性のバランスを整える
・骨や歯、酵素を作るもとになる
・ホルモンや神経を調節する

この他、ビタミンと同様に三大栄養素のたんぱく質・炭水化物・脂質を効率良く、身体で機能させるために必要です。
ではミネラルを含む食材にはどういったものがあるのでしょうか。

ミネラルを多く含む食物

サクラエビ、焼きのり、ワカメ、切り干し大根、納豆、ゆでたまご、ほうれんそう(生)、ひじき、大豆、牡蠣、ナッツ類
一般的に、野菜、果物、きのこ類、豆類、芋類などがミネラルが豊富です。
とくに、ひじき、大豆、牡蠣やするめには多くのミネラルが含まれています。アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類もミネラルが豊富に含まれています。

こまめに部屋のそうじをする

ほこりなどのハウスダスト、カビ、ダニ、花粉などはアレルギーを引き起こす原因になります。なのでこまめに部屋の掃除をすることをお勧めします。できれば週に2回、最低でも週に1回はしっかりと掃除をしましょう。とくに絨毯を多く使用している部屋はダニを大量発生させる要因になりますいので、なるべく避けた方がいいでしょう。
スギなどの花粉に対するアレルギーがある場合は花粉の季節は窓を開けない、外出を控える、外出先から花粉を家に入れないように上着をはたいてから部屋に入るなど工夫しましょう。 特に春と秋は花粉が多くなる季節なので意識するようにしましょう。

お風呂に入り保湿ケアなどをしっかりする

キンケアとしてシャワーや入浴などによる、皮膚の洗浄と保湿はとても大切になります。毎日の入浴やシャワーでは、石鹸やシャンプーをよく泡立てて素手で洗い、泡が残らないように、38~40℃のぬるま湯でよくすすぎます。
皮膚の炎症を抑え、治療の効果を高めるためには、しっかりと汚れを落とし、保湿して潤いを保つスキンケアが重要です。
お風呂の温度は38℃~40℃がベストです。温度が高すぎてしまうと皮膚の油分を摂りすぎてしまい、乾燥しすぎてしまいます。それがかゆみを引き起こす原因にもなるので注意しましょう。
汗や汚れを速やかに洗い落とすために、1日2回の入浴、シャワーが大切です。暑い時期や運動をした後など汗をかいた時には、入浴やシャワーの回数を増やします。
入浴の後は皮膚の脂分も洗い流されて乾燥しやすくなっています。肌の水分が逃げないうちに保湿薬を塗りましょう。5分以内が理想的です。

まとめ

アトピーといっても様々な種類があり、治療方法もたくさんあります。

どれをどう選べば確実にアトピーが改善するのか?
それは、アトピーの原因から施術しなければいけません。

テニス肘の原因は人によって違います。

股関節が原因の人もいれば、内臓が原因の人もいます。
当院ではアトピーの根本的な原因を突き止めて、確実に改善していきます。

もしあなたが、遠回りせずに確実にアトピーを改善したいと思うならぜひご連絡ください。

アトピーを改善する(URL)