テレビの見過ぎは頭の病気になる

こんにちは、清水です。

今日は「テレビは頭の病気になるについて」話していきたいと思います。

最近では健康ブームもありまして、テレビ番組やインターネットでもいろいろな健康の情報が流れていると思います。

でも、テレビだと視聴率を取ったり、話題になるために少しオーバーに表現をする場合があります。

これは、ビジネス・仕事なので仕方ないのですが、だからといってそれを真に受け過ぎても良くないということがあります。

例えば、私の祖母は、病院の先生に「膝の中がとんでもないことになっているよ」と言われて、それをずっと気にして、足をかばって引きずって歩くせいで、膝がめちゃくちゃ痛くなってしまったという経験があります。

権威のある人が怖がるようなこと、心配になるようなことを言うと、言われた人はすごく気になってしまいます。

仮に全く平気なことでも、ずっと頭の中に残っていると、かってにかばったり、痛くもないのに気にしたりして悪くなってしまうということがあります。

分かりやすく言うと、例えば、手に蚊がとまっているとイメージしたら、なんとなく痒くなってきてしまうのと一緒で、自分は椎間板が潰れているんだ…、半月板が潰れているんだ…、と気にし過ぎたせいで逆に痛みが出てしまうのです。

脳から痛みを自分で作ってしまうという現象なども、治療院をしていると多く見られるので、必要以上に気にしないということをしてほしいと思います。

痛みには必ず原因があります。

それが、膝が痛かったら膝でない場所が原因だったり、骨腫瘍があったり、いろいろな原因が考えられるのですが、あくまでも検査をして、そこに異常がなければそれよりも深く考える必要はないと思います。

それよりも、テレビで見た情報よりも、そのような時間があれば少しウオーキングしたり、体に良い食事をしたりして、見て情報で不安になるのではなく、自分で何か行動をして、健康になることをやる方が必ず健康になれると思います。

もしあなたもテレビや雑誌を見て不安に思っているのであれば、それを考えているだけではなく、その不安が消せるような行動をとるということを心掛けてもらうと、必ず健康になれるのではないかと思います。

今日は「テレビの見過ぎは頭の病気になるについて」話してきました。

今日も最後まで聞いてくださりありがとうございました。

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

Twitter
https://twitter.com/U9Bp20AJTzoSJVg

Instagram
https://www.instagram.com/kogasaki07/

パーソナルケア研究所|あなたの体や目的にあった美肌美容ケア、ボディメイク、姿勢改善ケア、サプリメントケアをお伝えしていきます。
http://shiseikenkyujyo.com

個別にアドバイスが欲しい方はLine@にご登録してから個別でメッセージお願い致します。
https://line.me/R/ti/p/%40rwd5754i

治療を受けてみたい方はこちらからお願い致します。
https://kogasaki.com|松戸市で医師も推薦する整体院なら古ヶ崎中央整骨院

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁