松戸市の産後の骨盤ケア対策について

産後の骨盤について

妊婦さんにとって、出産は一つの大きなゴールと同時に新たなスタートでもあります。

そんななか、 出産時に開いた骨盤が原因で、腰痛や肩こりをはじめとするさまざまな体調不良に悩まれる方も少なくはありません。

産後は、骨盤がゆるんでガタガタしている状態になりがちで、不安定で歩くのも怖い、という方もいます。

骨盤矯正とは歪んでいる状態を修正して本来の位置に正すことで出産時のダメージを修復することです。

今は整体や治療院、エステ、骨盤ベルトなど産後の骨盤矯正をするための治療方法は多く存在しています。

そこで、今回は産後の体型を理想の状態まで戻すためにもいつからいつまでにすればいいのか、どんな効果があるのかについてまとめました。

まずは骨盤の基礎知識から知ろう

骨盤は1つの大きな骨に見えますが、実は左右の「寛骨」、その間にある「仙骨」、「尾骨」という骨からなります。

左右の寛骨は前方で左右の寛骨どうしが連結し、後方では仙骨をはさんで連結しています。

前方の連結部分を「恥骨結合」、後方の連結部分を「仙腸関節」といいます。

骨盤は子宮や卵巣といった女性にとっても大切な内蔵を守る役目を果たしています。

直立二足歩行をする人間の骨盤は、上半身の重みと足からの衝撃がすべてかかるため、骨盤がしっかりしていないと、全身の調子が悪くなります。全身の姿勢を支えている、からだの“要”となっているのが「骨盤」です。

骨盤が歪む仕組み

女性は出産する際、赤ちゃんを産道から出すために骨盤が開きます。

これは妊娠6ヶ月目くらいからリラキシンというホルモンが増えて関節を柔らかくするためです。

リラキシンにより柔らかくなった骨盤は、赤ちゃんが子宮の中で快適に過ごせ るように骨盤を外側に開かせるように働くため、母体の骨盤が開いてしまう原因になります。

出産後、妊娠中に歪んだ骨盤は、出産時にもっとも緩み、産後3〜4カ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、ゆっくりと元の状態に戻ります。

しかし妊娠前から骨盤に歪みがあったり妊娠中に身体のバランスが悪くなっていたりすると、骨盤が正常な位置に戻らず歪んだままになってしまうことがあるのです。

産後の骨盤は開いてしまっていたり、緩んでしまうために歪みがひどくなりますが、産後の体は歪み易いと同時に、直しやすい時期でもあります。

産後早くても1〜2ヶ月から骨盤矯正を始められる体になりますので、

産後の骨盤をそのままにしておくと

産後の骨盤矯正を行わずゆがんでしまうと、冷え性になってしまったり、腰痛や肩こり、足のむくみ、下半身に脂肪がつきやすくなってしまって、足やおしりが太くなってしまったりといいことがありません。

産後の骨盤をそのままにしておくと①腰痛や坐骨神経痛のリスクが高くなる

骨盤が開いた状態で長い年月を過ごしてしまうと、慢性の坐骨神経痛や腰痛、あるいは内臓に関する症状なども出てきてしまう恐れがあります。

産後の骨盤をそのままにしておくと②姿勢や歩き方が悪くなる

骨盤がゆがんでいると、股関節の動きが鈍くなり歩き方が不自然になることがあります。

またイスに座っていても猫背になりやすくなる場合もあります。

歩いているときに腰が無理して反りすぎてないか、イスに座っているときは骨盤が後ろに倒れて背中が丸くなっていないか確認してみてください。

もし出産前より歩いて疲れやすく感じたり、長時間イスに座っているのが辛く感じるようでしたら骨盤がゆがんでいるかもしれません。

産後の骨盤をそのままにしておくと③体型維持の困難

骨盤が開き内臓の位置が下がると、胃が伸びて大きくなるので、以前よりも食事の量が増えてしまい、肥満につながることがあります。

また、下がった臓器に引っ張られ、肋骨も下がるのでバストも垂れ下がることがあり、体型維持が難しくなるかもしれません。

産後の骨盤をそのままにしておくと④胃や腸の不調

骨盤が開いたままだと、内蔵を正しい位置に維持するのが難しくなり腸や胃が下がります。

本来あるべき位置からずれるので、働きが悪くなり、便秘を起こすことがあると言われています。

食事だけでは改善できなかった便秘が骨盤矯正に適したストレッチをしたら改善したということはよくあることです。

産後の骨盤矯正にはこんな効果が期待できる

骨盤矯正をすると、体の土台となる骨盤が安定してくるので正しい姿勢が保持しやすくなったり、内臓についても正しい位置へと戻していくことができます。

するとその結果、血流やリンパ液などの体液の循環がよくなるので代謝を促進させ痩せやすい体質を手に入れることができます。

産後の骨盤矯正の効果①腰痛や坐骨神経痛の改善

骨盤矯正をする事で骨盤周辺の筋力アップをする事で下半身、上半身のバランスも良くなり腰痛や坐骨神経痛などの改善に繋がります。

産後の骨盤矯正の効果②冷え性や浮腫の改善

骨盤の歪みにより滞ってしまった血流が改善されるので冷え性に効果が期待できます。

それ以外にも肩凝り、浮腫み改善にもなります。

産後の骨盤矯正の効果③便秘解消

内蔵が正しい位置に戻るので腸の働きが良くなります。

結果、便秘改善効果が期待されます。便秘でのぽっこりお腹改善やデトックスにもなり、肌の調子も良くなったりもします。

産後の骨盤矯正の効果④姿勢がよくなるので疲れにくい体に

骨盤の歪みを改善することで猫背や反り腰などが改善されます。

日頃の悪い姿勢は身体により負担をかけさせるのでどうしても疲れやすくなってしまいます。

正しい姿勢を手に入れれば歩きも変わってくるので疲れにくい身体に繋がります。

産後の骨盤矯正の効果⑤生理不順の改善

子宮は骨盤の中にあるので歪んだ骨盤内にあれば負担がかかってしまう可能性があります。

骨盤をもとに戻してあげるだけでも女性特有の生理不順、不妊、生理痛の改善にも繋がります。

産後の骨盤矯正の期間は?

骨盤矯正の開始の時期の目安は自然分娩の場合は産後2ヶ月程度から、帝王切開の場合は傷の関係もあるため産後3ヶ月程度から始めると良いとされています。

整体などにいって、一度の骨盤矯正で治ってくれると患者としても嬉しいですが、産後の開いた骨盤は簡単には戻らないのが現実です。

治療院によっては多少誤差はあると思いますがだいたい週1を3ヶ月ほどの治療期間でやっていくのが理想だと言えます。

ただこの期間が過ぎてしまったからといって手遅れといことはないので安心してください。

骨盤の歪みは出産だけではなく日常の生活習慣が原因でなることがほとんどです。

例えば、日頃から骨盤が歪みやすい姿勢(足を組む、肘をつく、猫背気味だ)をとっていたり、食生活が乱れて内蔵に負担をかけていたり、就寝時間が不規則だったり・・・。

骨盤矯正の治療を受けることも大事ですが、もし出産をする前から日常生活が良くなかったら、そこから見直していくのが一番良い治療とも言えるでしょう。

出産を終えたあなたへ

出産後は慣れない育児も加わり、生活のリズムも大きく変わるでしょう。

赤ちゃんとは24時間一緒ですから、気持ちも緊張している状態が続きます。

出産後の骨盤の歪みに加えて、育児の疲れやストレスにより、産後の体調不良をうったえるお母さんは多いので、一人で悩まずに母子ともに健康に過ごしていけるようにしましょう。

産後骨盤矯正