耳鳴りってどんな症状?

耳鳴りってどんな症状?

耳鳴りについて

耳鳴りで悩んでいる人の割合は人口の10%から15%程度いるといわれています。
耳鳴りとは、周囲に音がしていないのに音がしているように感じる場合のことをさします。聞こえ方や程度は、人によって異なりますが、症状が悪化すれば、家事や仕事など日常生活に重大な支障をきたしかねません。実は、めまいや耳鳴りの多くは、ストレスによる障害が多いのです。近年の高齢化やストレス社会を反映して増えてきました。その原因は、耳の病気や脳の障害・自律神経の乱れなどがあります。また、頭痛や肩こりからも併発する場合がありますので、頭痛や肩こりのことも調べておく事を重要になってきます。このように病院の検査だけでは耳鳴りも少なくありません。

耳鳴りの種類と症状

耳鳴りの音の種類はさまざまであり、その中でも「ジー」、「チー」といったセミの鳴き声のような音、「キーン」という金属音のような音、「ピー」という電子音のような音が多くなっています。
耳鳴りの音を大きく分ければ高音のもの、低音のものになります。
高音の「キーン」という音は、老人性の難聴にともなって起こることが多くなっています。
また、脳の状態に問題があると考えられ疲れやストレス、突発性難聴の初期症状、脳梗塞の予兆であることなども考えられます。
疲れが原因となっている場合には大きな心配はいりません。寝不足や飲酒、疲労、騒がしい場所から静かな場所へ移動した際に多く見られ、一晩休息をとったり、気付いた時には大抵はおさまっているものばかりです。
それに対して「ゴロゴロ」などといった低い音の耳鳴りは、耳に何かが詰まっているような感じにもなります。
メニエール病や耳管狭窄症、耳管開放症、中耳炎、突発性難聴、外耳道疾患、外耳道炎症などが原因として挙げられます。
疾患を特定するためには耳鼻科を受診しなければならず、特定された上で治療を受ければ耳鳴りの症状も回復していきます。

メニエール

難聴、耳鳴り、耳閉感などの耳症状とともに、発作的に強い回転性めまいを生じる。めまいは数分から数時間つづく。内耳リンパの異常による。40歳以降の壮年に発症する疾患であり、高齢初発のめまいはむしろ中枢性疾患を考える。発作を繰り返し、やがて聾となる。

突発性難聴

聴神経に炎症がおき、とつぜん強い難聴がおこります。耳鳴りをともなうこともありますが、めまいは比較的軽いものです。

内耳炎

内耳にウイルスや細菌が感染して炎症を起こしたものが内耳炎です。 多くは中耳炎から発展して起こります。また髄膜炎も原因になります。
ウイルスが血流にのって感染する場合もあり、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん))、はしか(麻疹(ましん))、風疹(ふうしん)、帯状疱疹(たいじょうほうしん)、インフルエンザなどから起こります。

耳管狭窄症

耳の奥の方に耳管とよばれる管があり、それが気圧の変化や風邪の症状などの原因により狭くなることで耳の閉塞感を感じるようになります。

耳鳴りの原因について

多くの耳鳴りは、ストレスによる自律神経失調症やうつ病が原因だったりします。なかには体の歪みが原因だったりする場合もあります。
とくに自律神経失調症になると副交感神経絵の働きが低下し免疫力が下がり、耳の奥の内耳が細菌に感染してしまい、炎症を起して耳鳴りになる場合もあります。

過度なストレス

聴覚と自律神経は密接な関係があり、過度なストレスがかかると自律神経の働きが乱れてしまうのでその結果、耳鳴りになる場合があります。
自律神経は心臓の鼓動による脈拍や血圧の調整、または胃腸の消化吸収などの内臓の働きを制御する神経です。
この自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。交感神経は、活動的なときに優位になり、各器官の働きを促進します。一方の副交感神経は、リラックスしているときに優位になり、各器官の働きを抑制します。この2つの神経がバランスを保つことで、体内の環境は正常に整えられているのです。
しかし、ストレスがかかると、交感神経だけが働き詰めになります。交感神経が優位になると血圧が上昇して血流が増加するので、その状態が長く続くと内耳や脳の血流に異常が生じて耳鳴り感じさせます。
自律神経を整える方法としては周りのストレスを排除して深呼吸などで心身をリラックスさせることが大切です。

筋肉のコリや体の歪み

首や肩にこりなどがあり頭が常に重いような感じがする人は耳鳴りが発症しやすいという傾向があります。それは体が常に緊張状態にあるので血行が滞りやすくなっており、それが耳に影響が出た場合に耳鳴りになると考えられます。
もし体のコリなどが原因だった場合は、その体のコリを落ち着かせるkとによって耳鳴りも自然と消失する可能性があります。
しかし、体の歪みを取り肩こりなどが消失しても、いつまでも耳鳴りが改善しない場合は専門医療機関に受診する必要があるでしょう。

加齢からくる耳鳴り

誰しも年齢とともに、聴力が低下していくのは、ある程度は仕方のないことです。しかし、聴力が低下することに伴い耳鳴りが聞こえてくるケースもあります。高齢者で耳鳴りを自覚している人は3割近くいるというデータもあります。高齢化によって聞こえる耳鳴りは、主に”キーン”というもので、聴力の低下によって、今まで聞こえなかった周波数の音が、耳鳴りを引き起こしています。加齢の症状の一つとして、受け止める人が多い耳鳴りですが、多少の耳鳴りはまだしも、生活に支障をきたすほどであれば、一度、病院で受診してみたほうがいいでしょう。

耳鳴りを予防するには

耳鳴りを予防するには耳鳴りを引き起こしている原因によって対処法が変わっていきます。ストレスによる自律神経系から耳鳴りにはストレッチや運動によるリラックスが効果的です。
耳の異常によるものは投薬などの治療が必要な場合もあります。

自律神経の乱れからくる耳鳴り

・ストレッチ
ストレッチをすることにより緊張によって硬くなった筋肉や関節をほぐすことによってリラックス効果を得ることができます。ストレッチする場所は小さな筋肉より背中や胸などの大きめの筋肉にポイントを当ててやっていくといいでしょう。

①胸のストレッチ
1、壁の横にたち、片方の肘を90°に曲げ肩の高さまで上げて壁に腕を当てる。
2、足は動かさずに上げた腕と逆方向に状態をひねる
3、胸の筋肉がストレッチされるのを感じながら30秒~40秒キープする
4、反対側も同じようにストレッチする

②背中のストレッチ

1、よつんばいになり、首の力を抜いて胸を軽く突き出します
2、手のひらを上に向け、背中を反らせながら、お尻を後方に引いていきます
3、そのまま30秒~40秒キープしながらストレッチしていきましょう。

運動

運動は血行を促進することができます。それだけではなく運動による筋肉の疲労によって夜の就寝もしやすくなるのでしっかりと体を休ませることができるので、自律神経を整えるのにもとても効果です。数ある運動法の中でも一番オススメするのはウォーキングやランニングです。場所も問わず費用もかからないので経済的で全身の筋肉を使うことができるので、まさに理想的な運動法といえるでしょう。目安は20分程度ゆっくりやっていきましょう。慣れてきた人は100-年齢の数だけの時間を限界として調整しながら走るといいでしょう。

睡眠

自律神経は時間帯によって常に交換神経と副交感神経が交代するように人間の体はできています。お昼ごろは活発に動けるように交換神経が、夜はじっくり体を休ませるために副交換神経の働きが強くなり、だんだんと眠くなって体を休ませてあげます。もし体を休ませる時間帯に交換神経が強く働いていたらどうでしょうか?当然、体が活発になり興奮してうまく休養が取れなくなって体の疲れが残ってしまいます。このように、寝て起きる時間帯の生活習慣も自律神経を整えるのに他非常に大切になっていきます。自律神経が整いやすい22時~2時の間はしっかり睡眠を取れるようにしておきましょう。睡眠時間は7時間~8時間は取るようにしましょう。

耳の異常にから耳鳴り

・薬物療法
耳垢塞栓、外耳道炎、中耳炎、内耳炎、突発性難聴など耳鼻咽喉科での薬物投与を中心とした治療で回復を促していきます。内耳の回復は個人差があります。回復に時間がかかっても担当のお医者さんと相談のうえ、投薬を守ることを心がけましょう。

まとめ

耳鳴りといっても様々な種類があり、治療方法もたくさんあります。

どれをどう選べば確実に耳鳴りが改善するのか?
それは、耳鳴りの原因から施術しなければいけません。

耳鳴りの原因は人によって違います。

股関節が原因の人もいれば、首が原因の人もいます。
当院では耳鳴りの根本的な原因を突き止めて、確実に改善していきます。

もしあなたが、遠回りせずに確実に耳鳴りを改善したいと思うならぜひご連絡ください。

耳鳴りを改善する(URL)