坐骨神経痛ってどんな症状?

坐骨神経痛ってどんな症状?

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は、腰椎から足先にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることで神経に沿った痛みやしびれなどの症状があらわれます。多くはお尻からももの裏にかけて症状がでる場合が多いですが、人によってはふくらはぎや足底にまで痛みやしびれを感じる場合があります。重症になると麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

坐骨神経痛を解消するには、まずは何が原因で痛みが起きているのかを知ることが大切です。その結果、ストレッチで再発が防げる場合もありますし、最悪の場合は手術の必要もあります。

実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状として扱われる事が多いようです。
ただ、検査をしても原因が見当たらない場合は、「坐骨神経痛」が病名となります。

坐骨神経痛の症状について

坐骨神経痛は、臀部(おしり)から脚にかけて通っている坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることにより神経痛が生じている状態です。症状としては、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、かかとや足の裏まで痛みの範囲が広がる場合もあります。
症状は、強い痛みとして感じるだけでなく、ビリビリとした痛み・痺れた感じ、感覚がマヒした感じ、違和感がある感じなど、人によってその不快感・強さは様々です。
また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みや痺れが現れるケースもあります。

)生活の中での坐骨神経痛の症状
・お尻から足にかけて、激しく痛んだことがある
・腰部に痛みが長時間続いたことがある
・重いものを持ち上げると、お尻に痛みを感じることがある
・腰を動かすと足の痛みが激しくなる。
・長時間立ったり、座っていると腰部が痛くなる
・長時間歩くと腰が痛くなる
・安静にしていても、お尻や足が激しく痛んで眠れない。
・朝起きたとき、腰がひどく痛くなる
・1日の終わりに足がひどく痛くなる
・足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる。
・痛む方の足の血流が悪く、ひどく冷えてる

上記のような症状が坐骨神経痛の特徴的なものです。

坐骨神経の原因

)腰椎椎間板ヘルニア
背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板がはみだした り、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアで(図2参照)腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こしてしまいます。  
同じ姿勢(とくに中腰や前かがみなど)を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに、 発症する危険性があります。

)腰部脊柱管狭窄症   
脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄と、それに続く神経(馬尾(ばび)神経)が通っています(図3参照)。 この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で、腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し、腰の 痛みや足のしびれなどの症状を起こします。
先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。

)変形性腰椎症  
腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こすのが変形性腰椎症です。   
原因としては、加齢、同じ姿勢を長時間続ける、運動などで腰に過度の負担をかける、などがあげられます。また、変形性腰椎症は脊柱管狭窄症の原因にもなります。

)梨状筋症候群
梨状筋は、仙骨と太ももの外側の付け根の大転子とをつなぐ筋です。この梨状筋が、姿勢の不良や疲労などによりコリ固まり、神経を刺激する状態です。お尻のやや上から、外側のくぼみ周辺にしびれを起こします。
椎間板ヘルニアとの区別が診療によってハッキリします。また、椎間板ヘルニアだと思い込んでいたら、梨状筋症候群だったというケースもあります。
年齢層は若年層から高齢層まで可能性があります。スポーツで発生することが多い症状です。
また、梨状筋の中を坐骨神経が貫いている人が数パーセントいます。このような人は梨状筋症候群に陥りやすいです。そのような方は、手術によって完治することが可能です。

)脊椎腫瘍
脊髄内にできた腫瘍が、腰の神経根を圧迫して坐骨神経痛を引き起こしていることがあります。

坐骨神経痛の予防

)姿勢や動作に気をつける
腰に負担がかかりにくいのは、背骨が自然なS字になっていて、左右均等に体重がかかっている姿勢です。背骨はまっすぐではなくS字にカーブしているので、この形が崩れると、かかるべきでない筋肉に負担がかかり背骨・骨盤・筋肉などに負担がかかります。

)歩き方
肩甲骨を軽く後ろの引きましょう。下半身は歩き出しの時は膝だけの力で動かすのではなく、少し足を上に上げて(気持ち程度です)股関節も一緒に動かしているイメージで一歩を踏み出しましょう。着地の際は膝を強く伸ばしすぎずにまず踵→足裏→指先の流れになるようにスムーズに地面につけましょう。
腰の痛みが強い人は背筋が伸びにくく前かがみになりやすいです。痛みが強い場合は無理していい姿勢を取ろうとしたり背筋を伸ばそうとすると逆に負担が多くなってしまう場合があるのでゆっくり歩きましょう。

)座り方
まず顔を天井に向けて背筋を整えましょう。その状態からゆっくり椅子に腰をかけ顔を正面に向けます。次に骨盤が後ろに倒れてダラーッとした姿勢にならないように座ったときに椅子にあたるお尻の骨(坐骨結節)を立てるように座ります(ダラーッとするとお尻の柔らかい筋肉で座る形になります)。あとはPCデスクなら顔が画面を覗き込まないように顎を軽く引いて、腕が前に出ないように肘を90°の角度に保ちましょう。下半身は基本膝の角度を90°、もちろん足を組んだりしないようにしましょう。もし長時間座っていることが多い場合は30分ごとにその場で立ってみたりして少し体を動かして下半身の血流を促進してあげましょう。

)寝方
横向きに寝るのが腰の負担が少なく、特に痛みが激しい急性腰痛(ぎっくり腰)などはオススメです。痛む側を下にして横になり、ひざを90度くらいに曲げましょう。腰の下にタオルなどクッションになるものを置くと更に楽になります。 仰向けに寝る場合は、腰が楽になる姿勢を維持します。膝を立てると楽になるなら、膝を軽く曲げてその下に座布団やクッションを入れます。足を高く上げると楽になるなら、座布団やクッションの上にふくらはぎを乗せます。 うつ伏せに寝るのは、腰の反りが大きくなって腰に負担がかかるのでNGです。

)ストレッチをする
ストレッチをして柔軟性を高めることは軽度の腰痛なら非常に有効的な手段と言えるでしょう。とくに骨盤周りの筋肉をストレッチすれば股関節の可動域が広がります。また股関節の動きは腰周りの動きと非常に連動しているため股関節がよく動くことにより腰痛にかかる負担が軽減したりします。さらには下半身の血流が促進され疲労物質を促したり浮腫などの効果も期待できます。ぜひやってみてください。

・大腿四頭筋(太もも前面)のストレッチ
人体で一番太い筋肉です。ここが硬くなると骨盤を前下方に引っ張ってしまいます。あまりに硬すぎると反り腰になる原因となります。
やり方
①地面に手を付きながら両足を伸ばして座ります
②伸ばしたい方の足の踵を同じ足のお尻にくっつけるように膝を曲げていきます。
③この状態をキープします。
硬い人は体を起こした上体でもキツく感じるかもしれません。大丈夫な人はそのまま手を離して背中を地面にゆっくり近づけていきましょう。

・内転筋(太もも内側)のストレッチ
内転筋にはとても多くの種類の筋肉が集まって構成されており開脚をするときによく伸ばされる筋肉でもあります。ここの筋肉が硬くなると骨盤が後ろに倒れていき猫背になりやすくなったりします。もし開脚したときに足が80°も開かない場合は相当硬くなっている証拠なのでぜひ日数をかけて100°くらいまでは開くようにストレッチしていきたいです。
やり方
①右手は脚をスライドさせるように、左腕は左耳の横にくるように伸ばし、右脚のつま先をめがけて倒れる。(左脚が曲がらないように注意する)
②左の時は右手を左のつま先まで持ってくる。
③左右行ったら両手を自分の前に着き、骨盤からしっかり前に倒れる。
※腰をしっかり立て、膝を曲げたり内側に入らない、背筋を伸ばすように行いましょう。

・大殿筋(お尻の筋肉)のストレッチ
前述した通りお尻の筋肉は立ったり歩いたりする動作に非常に関連している筋肉です。ここが硬くなると歩幅が小さくなったり立位時に疲れやすくなります。あとは筋肉が神経を圧迫して坐骨神経痛になる要因にもなるのでぜひストレッチしていきたいです。

やり方
①膝を立てて、両手を後ろに置きます。
②右脚(伸ばしたい方)を左腿の上に載せます。息を吐きながら胸を腿に近づけます。
③そのまま30~40秒ほど伸ばしていきます。

・大腿二頭筋(太もも後面、別名ハムストリング)のストレッチ
大人になると運動をする機会が少なくなるので、いざ前屈をやろうとしてももも裏の筋肉がつっぱって「イターッ」となってしまう人が多いと思います。このもも裏の筋肉は大腿二頭筋と言ってタ
硬くなると座っているときに骨盤が後ろに倒れやすくなったりしてキレイな姿勢が保持しにくくなります。あとは腰椎と仙骨の連結部分に負荷がかかるようになってしまい、慢性腰痛の原因になりやすくなるのでしっかり伸ばしていきましょう。
やり方は前屈をやっていただければ問題ありません。大腿30~40秒やっていきましょう。
注意点としては、背中を丸めないで骨盤から前に倒していくイメージでやりましょう。
あまりにももも裏が痛い場合はつま先を伸ばしながらやると坐骨神経が緩み多少痛みが和らぎやりやすくなります。

・大腿筋膜張筋(太もも外側)のストレッチ
大腿筋膜張筋は桃の外側にある筋肉で、その役割は歩行時にブレずに足を真っ直ぐにするサポートや骨盤の安定、スポーツでは左右の切り返しの動作などになります。
あとはランナー膝とよばれる症状があり別名「長脛靭帯炎」とも言います。ランナー膝はジョギングやランニングによって発症しやすい膝の障害の代表格なのですが、この大腿筋膜張筋が硬くなると発症するリスクが高まると言われています。スポーツをやっていたり走ることが好きな人はぜひ、この筋肉をケアしてあげましょう。

やり方
①体が十字になるように地面に寝転がります。
②その状態から伸ばしたい方の足を伸ばしたまま、反対側にクロスさせます。
③そのまま30~40秒ほどストレッチしていきます。これを左右やっていきましょう。

まとめ

坐骨神経痛といっても様々な種類があり、治療方法もたくさんあります。

どれをどう選べば確実に坐骨神経痛が改善するのか?
それは、坐骨神経痛の原因から施術しなければいけません。

vの原因は人によって違います。

股関節が原因の人もいれば、内臓が原因の人もいます。
当院ではvの根本的な原因を突き止めて、確実に改善していきます。

もしあなたが、遠回りせずに確実に坐骨神経痛を改善したいと思うならぜひご連絡ください。

坐骨神経痛を改善する(URL)