このブログについて

初めまして、松戸整体院院長の清水と申します。

このブログは単に、病院を批判するブログではありません。

むしろ健康を維持するためには、医療を専門分野している医療機関とは、良い関係を保つことが不可欠です。

ではなぜ、「健康になりたければ、病院に行くな!」なのか?

それは、病名をつけられてしまうからです。

もちろん、診断書をもらうためや難病のケースなどは、病名は必要になります。

ここで言う病院に行かない方が良い方は、生活習慣病や慢性疾患の方になります。

病は気から

人は病名をつけられば、自分は病気を思ってしまいます。

そう言われて、病気を治そうと思う方はいいですが、「私は病気なんだ…」と治す努力よりも、諦める気持ちの方が強くなってしまう方もいます。

慢性疾患や生活習慣病は、確かに病気ですが、ガンや膠原病、難病のように治らない病気ではありません。

まずは、病名をつけられも、焦らず諦めないことが重要です。

慢性疾患や生活習慣病は治る病気

頭痛、腰痛、膝痛、高血圧など、多く方が悩む病気だと思います。

「一度なってしまうと、もう治らないのか…」と思う方もいるかもしれませんが、安心して下さい。

これらはちゃんと、施術や運動、生活習慣の見直し、メンタルや行動を変えるなどをしていけば、改善される病気です。

「病気を治さないとどうなるのか?」

「慢性疾患でも生活習慣病でも、病院に行って、薬を飲んでいれば症状が出ないので、問題ないのでは?」と思う方もいるでしょう。

もちろん、治療法と言うのは、個々が自由に選択できるので、自分自身で選ぶことがベストです。

しかし、薬を飲んでいるからと言って、症状が出ないからと言って、病気が治っているわけではありません。

ですので、少しづつ体の状態は悪くなっていきます。

例えば、血圧を下げる薬を飲んでいると、腎臓にダメージが蓄積します。

腎臓にダメージが蓄積すると、腰痛や心臓に負担がかかり、病気になりやすくなります。

肩こりを放置していると、背骨や首が硬くなり、耳鳴りやめまいの原因にもなります。

このように、最初はあまり気にならない小さな症状でも、放置していた結果、大きな病気になる可能性もあります。

なので、自分で治そうとする意思が必要になります。

バランス良く体の問題を解決していく

まとめると、症状が出たからといって、なんでもかんでも病院に行けばいいというものではない。

病院に行けな、病名をつけられてしまう(それが仕事だから)。

一度病気になったからと言って、一生病気になるわけではない。

私生活など、体に気をつけていえば、生活習慣病や慢性疾患は、改善してくです。

「健康になりたい」と思う方ために、少しでもこのブログが役に立てば幸いです。