坐骨神経痛を治すには整形外科と整骨院どっちがいいのか?

清水院長
こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「坐骨神経痛を治すには整形外科と整骨院どっちがいいのか?」について、お話したいと思います。

整形外科と整骨院どっちがいいのか?


坐骨神経痛になり、治療をしなければ考えた時、どこに行けば治るのだろうと考えたことはありませんか?

選択肢としては、整形外科、整骨院、湿布やコルセット、痛み止めなどあります。

色々な選択肢がある中でも、整形外科か整骨院で悩まれる方は多いと思います。

どちらに行くのが良いのか?

答えは、用途(目的)に応じて変わるです。

では、詳しく説明していきます。

整形外科で、できること


まずは、坐骨神経痛の治療は、整形外科と整骨院ですることは可能です。

ですが整形外科で、できること、できないこと。

整骨院で、できること、できないことがあります。

整形外科は、お医者さんが診察をしてくれます。

レントゲンやMRI、CT等の画像検査を行い、診断を行います。

画像診断は、整骨院の先生では診断は出来ません。

病名を確定させる事が出来るのはお医者のみとなります。

ですので、診断書を作成できるのもお医者のみとなります。

診断後は、病態に合わせて処置、投薬、注射、手術、リハビリテーション等で治療を行います。

整骨院で、できること


整骨院では、柔道整復師という国家資格保持者が施術を行います。

健康保険や労災(労働災害保険)、自賠責保険など公的な保険を利用できます。

健康保険では捻挫や打撲、挫傷等の急性期のケガ、骨折や脱臼の応急処置(医師の同意があれば骨折や脱臼の経過も診る事が可能)が保険の範囲となります。

捻挫、打撲、挫傷をわかりやすく言うと、「ぎっくり腰」「腰痛」「肩の痛み」「寝違え」「肉離れ」「靭帯損傷」「むちうち」など、日常生活や交通事故、スポーツで起きた突然の痛みです。

これらの痛みを薬や手術をしない方法で改善していきます。

まとめ


整形外科がお勧めな人は、まずは画像診断をして、自分の背骨の状況を確認したい方や薬や注射で痛みを取りたい方です。

整形外科での診断は、背骨をベースに原因を探していくので、椎間板の潰れ、背骨の変形を中心に診ていきます。

画像診断で、背骨に大きな異常がある場合は、整形外科が得意としている坐骨神経痛です。

整骨院がお勧めな人は、薬以外の方法で治療したい方です。

画像診断ではこれと言って原因が無い場合は、整骨院の施術がいいでしょう。

後は整形外科、整骨院どちらにも言えることですが、話が合う先生や話を聞いてくれる先生など、先生との相性も大事になってくるので、整形外科と整骨院の両方に行き、自分に合う先生を見つけることが一番良いかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営中。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みの緩和方法や正しい体の動かし方、メンタル向上のアドバイスが得意。