腰椎椎間板ヘルニアのせいで夜眠れない】

清水院長
こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「腰椎椎間板ヘルニアのせいで夜眠られない」について、お話したいと思います。

腰椎椎間板ヘルニアのせいで夜眠れない


腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などの腰痛になると、痛みや痺れで夜寝れないことがあります。

本来なら夜寝れない場合は、すぐに医療機関に行くことが良いですが、仕事の関係なので行けない場合もあるでしょう。

そんな時のための対象法をお伝えしたいと思います。

腰痛の時に気をつけると良いのは、骨盤の角度です。

骨盤の角度が悪くなると、痛みや痺れを感じます。

ですので、寝る時に腰が痛い時は、骨盤の角度を変えることをお勧めします。

横向きで寝る


横向きで寝ると、腰を丸めることができるので、腰周りの筋肉をリラックスした状態にできます。

横向きは骨盤の角度が調整しやすい体勢です。

腰まわりの筋肉をリラックスさせたい時は、横向きに寝るもの良い方法になります。

仰向けに寝て、膝を曲げる


仰向けに寝ると腰が痛い場合は、両膝を曲げると痛みが和らぎます。

仰向けに寝ると、重力で腰にテンションがかかりますが、膝を曲げることで、腰にかかるテンションを軽減できます。

ちゃんと治したいなら医療機関へ


ご紹介した寝方をしても腰の痛みが緩和されない場合は、医療機関を受診することをお勧めします。

世の中には、痛みを取る方法などが多くありますが、基本的には応急処置になり、腰痛が治っているわけではありません。

一時的に痛みを緩和させる裏技は存在しますが、一瞬で痛みを治すことは難しいです。

ですので、応急処置をした後は、なるべく専門家に診てもらうことが良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営中。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みの緩和方法や正しい体の動かし方、メンタル向上のアドバイスが得意。