神経痛はいつまで続くのか?

清水院長

こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「神経痛はいつまで続くのか?」について、お話したいと思います。

神経痛いつまで続くのか?


結論から言うと神経痛は、通常1〜2週間程度続くものが多いです。

もちろん、個人差はありますが、大体は1〜2週間程のものが多いです。

神経痛の仕組み


そもそも神経痛とは何なのか?

体には末梢神経という神経が、全身に張り巡らせれています。

末梢神経は脳に痛い、熱い、冷たいなどの情報を送ったりします。

また脳から筋肉を動かせなどの命令も末梢神経に伝えられます。

末梢神経は、情報を脳に送ったり、脳から情報を受け取ったりする神経です。

この末梢神経が痛みを感じ、この情報が脳に送られて、痛みを感じいる状態が、神経痛という状態です。

神経痛を改善する方法


神経痛を改善する方法は、神経に負担をかけている動作や習慣を止めることです。

長時間の同じ姿勢や動作、精神的ストレスなど、体にちゃんと休息を与えていないと、神経に負担がかかります。

1〜2週間程度で治る神経痛であれば、このような対策で十分ですが、過去にも神経痛を経験したことがある方や3週間以上痛みがある方は一度専門機関に行き、治療をすることをお勧めします。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営中。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みの緩和方法や正しい体の動かし方、メンタル向上のアドバイスが得意。