急にふくらはぎ痺れる理由

清水院長

こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「急にふくらはぎ痺れる理由」について、お話したいと思います。

急にふくらはぎ痺れる理由


急にふくらはぎが痺れると「一体何の病気だろう…」と不安に思う方もいるでしょう。

ふくらはぎの痺れの原因は、様々ですが一番の原因は、坐骨神経が圧迫されて、痛みや痺れが出ることです。

坐骨神経というのは、腰からお尻を通り、太もも、ふくらはぎ、足の裏など、下半身を支配している重要な神経です。

その坐骨神経が圧迫されることで、ふくらはぎも痺れるのです。

では、なぜ坐骨神経が圧迫されるのかについて詳しく説明していきます。

坐骨神経が圧迫される原因


坐骨神経が圧迫される原因としては、椎間番が潰れて坐骨神経を圧迫する椎間板ヘルニアや、お尻の筋肉が坐骨神経を神経を圧迫する梨状筋症候群などがあります。

その他にも、太ももや足首などの動きが悪いと坐骨神経を圧迫します。

坐骨神経が通る道に、何かしらの障害が起こることで、ふくらはぎの痺れが起きるのです。

急にふくらはぎが痺れても慌てないこと


いきなりふくらはぎが痺れると、慌ててしまうかもしれませんが、まずは落ち着いて対処することです。

先ほどお話ししたように、坐骨神経の問題をクリアにしていけなば良いだけなので、焦る必要はありません。

では何か特別な方法を実践しないといけないのかと言えば、そうではありません。

椎間板ヘルニアや梨状筋症候群などになる原因としては、日常生活が関わってきますので、長時間同じ姿勢をしない、運動量が少ないなら少し運動をする。同じ動作をよくするなら、ストレッチなど筋肉をリラックスさせてあげるなどをする良いです。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営中。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みの緩和方法や正しい体の動かし方、メンタル向上のアドバイスが得意。