普段は腰が痛いのに、動くと楽になる腰痛とは?

清水院長
こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「普段は腰が痛いのに、動くと楽になる腰痛とは?」について、お話したいと思います。

なぜ、普段は痛いのに、動かした時にだけ腰が痛くなるのか?


普段、座っている時やじっとしている時などに腰の痛みを感じ「これは腰痛かな」と思うが、体を動かしている時はなぜだか不思議と腰痛を感じない。

そんな経験をしたことがある方はいるのではないでしょうか。

なぜ、普段は痛いのに、動かした時にだけ腰が痛くなるのか?

答えは、関節の遊び(柔軟性)が低下しているからです。

いきなり言われてもピンとこないと思うので、詳しく説明していきます。

関節の遊びとは?


関節は、一般的に柔らかい硬いと言う表現をすると思います。

柔らかい方が健康に良いと言われていますが、柔らかい体にどうのような影響があるのか知っていますか?

それは、一つの関節にかかる負担を分散できるからです。

逆に関節が硬いと、1つの関節にかかる負担が増えてしまいます。

例えば、座っている時に、本来は股関節や背骨の関節で、座っている負担を逃しているよしましょう。

しかし、背骨が硬いせいで、関節のクッションを機能せず、座った時の体重や重力の重みを、もろに背骨が受けてしまいます。

そうすることで、本来よりも大きな負荷が関節にかかり、痛める原因になるのです。

そういう意味で、関節には遊びが必要と言うわけです。

動くと楽になる腰痛のメカニズム


動くと楽になる腰痛のメカニズムとしては、普段は関節の遊びが少ないせいで、動いていない時は、過度の負荷が関節にかかり、関節や筋肉にダメージを与えて痛みを感じる。

しかし、体を動かすことによって、関節への負担が軽減され、痛みが軽減すると言うメカニズムです。

また、関節の遊びが少なくなることで、筋肉にも負荷がかかり、そのせいで血流が悪くなり、痛む場合もあります。

どちらにせよ、1つの関節に負荷がかかりすぎないように、体全体で体重を逃すように意識してみると、普段は痛いのに動くと楽になる腰痛は良くなるので、意識してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みや痺れの緩和方法や、正しい体の動かし方による怪我予防、パフォーマンスUPなどのアドバイスが得意。