坐骨神経痛はぶり返すのか?

清水院長
こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「坐骨神経痛はぶり返すのか?」について、お話したいと思います。

坐骨神経痛はぶり返すのか?

坐骨神経痛がぶり返すのか?という質問に対しての答えは、YESです。

一度坐骨神経痛が治ったからと言って、一生坐骨神経痛にならない訳ではありません。

風邪や頭痛など他の病気や症状もそうですが、一度治ったからといって、絶対にぶり返さない確証はありません。

その理由について詳しくご説明していきましょう。

ぶり返すメカニズム

痛みが出る、出ないの境目は、自分の体力、回復力と日常での負荷のバランスになります。

例えば、あなたの体力や回復力が5だとしたら、日常の負荷が4なら、痛みは出ません。

しかし、日常の負荷が6であれば、体力や回復力よりも日常の負荷が大きくなるので、その生活を続けていくと、痛みや痺れが出る可能性があります。

風邪なども同じ原理です。

菌の強さよりも自分の免疫力が勝っていれば、風邪は引かないですし、免疫力が菌よりも弱ければ、風邪を発症してしまいます。

ぶり返しを防ぐためには?

坐骨神経痛のぶり返し予防としては、体力を上げる、回復力を上げる、日常の負荷を下げることです。

まず日常の負荷を下げるからみていきましょう。

日常の負荷とは、仕事や家事などの生活面です。

いきなり仕事を変えることはできないので、日常生活で負荷を下げる方法としては、動作や思考を効率よくするしかありません。

例えば、動作を効率よくするには、手先や足先だけで動くのはなく、お臍から動くようにすること。

思考で効率よくとは、精神的なストレスを溜めないことです。

現実にまだ起きていない不安や恐怖ばかりを感じて、脳疲労ばかり起こしていると、病気になりやすくなります。

体力の向上は、適度な運動になります。

なるべく毎日少しづつやることがいいです。

現代人は慢性的に運動不足です。

楽をしないで、少しでも体を動かす動作を日常から選択するといいでしょう。

免疫力を上げる方法は、栄養や体のメンテナンスをすることです。

ストレスにさらされると、栄養が消費されます。

ストレスが多い方は、なるべく栄養摂取に気をつけるといいでしょう。

体のメンテナンスは、整体やマッサージなど外部からの体に刺激を与えることでできます。

このように坐骨神経痛のぶり返しを防ぐためには、日常生活での負荷を下げる、体力の向上、体のメンテナンスを意識してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営中。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みの緩和方法や正しい体の動かし方、メンタル向上のアドバイスが得意。