起立性調節障害の子供は、本当にメンタルが弱いのか?

清水院長
こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「起立性調節障害の子供は、本当にメンタルが弱いのか?」について、お話したいと思います。

メンタルは弱い訳ではない


結論から言うと、起立性調節障害の子供は、メンタルが弱い訳ではありません。

メンタルいが弱いから起立性調節障害になる訳ではありません。

「なぜメンタルが弱い訳でないと言い切れるのか?」その理由について、詳しくご説明していきます。

学校に行ける子と行けない子の違いとは?


そもそもの話ですが、学校に行きたくないと言う気持ちは、誰でもあります。

本当の問題は、「学校に行きたくないと思っていても学校に行ける子と、行けない子の差は何なのか?」になります。

その違いは、学校に行ける子は、行きたくないと言う気持ちを、跳ね返せる体をしています。

起立性調節障害の子は、行きたくないと言う気持ちを跳ね返せる体ではないのです。

気持ちが負けているのではなく、体が負けている


ですので、メンタルが弱いから学校に行けないのではなく、体が問題なので、体から解決していく必要があります。

もちろん、体調が悪いので、気持ちが弱くなっている部分はあると思います。

例えば、熱が出ている時に、気合だと言われても、なかなか気合が入りにくいのと一緒です。

ですので、専門医の先生が、「気持ちを強く持とう」とアドバイスをくれますが、体が弱っている状態で、気持ちを強く持つことは難しいです。

メンタルが強すぎても起立性調節障害になる


またメンタルが強すぎても、起立性調節障害になる場合もあります。

むしろ最近は、その方が多い傾向にあるかもしれません。

メンタルが強いせいで、色々なことを我慢し、その影響で体が弱り、起立性調節障害を発症します。

ですので必ずしも、メンタルを強くすれば、学校に行けるというわけではありません。

考え方を少し違う角度から考える


メンタルが問題でないことは理解したが、「ではどうすればいいのか?」と思う方もいるでしょう。

どうすれば良いかというと、「受け止め方や物事の解釈、見る角度などを変える」ことをすると良いです。

もちろん、自律神経の乱れや体の問題は、ちゃんと解決しないといけません。

その上で、物事の解釈を変えることで、体の負担を軽減できます。

「①物事の解釈➡︎②我慢&➡︎③体の不調➡︎④メンタルの不安定➡︎⑤発症」

このような流れで起立性調節障害が発症したとしましょう。

例を上げるなら、①先生に期待されているので、私が頑張らないといけないと気負い、②辛くても部活を頑張り、③いつしか我慢の限界に達し体の不調が起きて、④そのせいでメンタルが不安定になり、⑤起立性調節障害を発症したとします。

この場合、一番最初の「物事の解釈」少し工夫することで、我慢する量も減り、結果的に体の不調も改善されます。

起立性調節障害の方で多いのが、真面目な方や我慢強い方です。

とても真面目や素晴らしい人間性を持っている反面、ほんの少しの解釈のズレが、自分を攻撃してしまい、体を不調にさせてしまうのです。

ですので、自分を責めるような解釈をしている方は、自分を責めすぎないようにする。

いつも我慢して自分を表現でいない方は、自分を表現してストレスを溜めないようにする。

などして、物事の解釈の仕方を変えるようにすると良いでしょう。

まとめ


まとめると、起立性調節障害はメンタルが弱いからなるわけではありません。

思春期の時期に学校に行きたくなと思うことは、正常なことです。

問題は、体が嫌なことを跳ね返すだけのパワーが無いことです。

パワーを取り戻すためには、物事の解釈のベクトルを自分に向けないようにすること。

そうすることで、体の負担を軽減し、健康な学校に行ける体を手に入れることができます。

学校に行けない、メンタルが弱いと悩んでいる起立性調節障害の方は、参考にして頂けると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営中。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みの緩和方法や正しい体の動かし方、メンタル向上のアドバイスが得意。