起立性調節障害を治すためには、父親の理解は必要か?

清水院長
こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「起立性調節障害を治すためには、父親の理解は必要か?」について、お話したいと思います。

起立性調節障害を治すためには、父親の理解は必要

起立性調節障害を治すためには、父親の理解は必要です。

父親以外にも、家族や周りの人の理解は、必ず必要になってきます。

なぜ理解が必要なのかと言うと、起立性調節障害では、自律神神経を整える必要があるからです。

自律神経はストレスに弱い

自律神経は、ストレスに弱いです。

正確に言うと、自律神経の中の交感神経がストレスに影響しやすいです。

ストレスにより、交感神経が活発になりぎると、腹痛、めまい、頭痛、視力低下、貧血、失神、倦怠感、肩こり、首痛、立ちくらみ、動機、息切れ、乗り物酔い、朝起きられないなどの症状が起こります。

ですので、周りからプレッシャーをかけると、起立性調節障害が長引く原因になります。

なぜ父親は起立性調節障害を理解できないのか?

父親が起立性調節障害を理解してくれない一つの理由として、起立性調節障害のことを「甘え」「さぼり」「メンタルが弱い」と勘違いしていることがあります。

午後は元気なのに、朝は調子が悪いという現象を理解できないために、「気持ちの問題」と捉えてしまうのです。

起立性調節障害は、決して気持ちの緩みで起こる訳ではありません。

どうすれば理解してもらえるのか?

では、どうすれば父親に起立性調節障害を理解してもらえるのかと言うと、医学的に証明することです。

医学的に証明とは、診断書を貰うことです。

男性は、権威のあるものに弱い傾向があるので、診断書を貰ってくることが、効果的です。

起立性調節障害は焦らず治すことがポイント

起立性調節障害は、現代病です。

昔はほとんど聞かない病気でしたが、現代の社会背景や生活習慣から来る病気です。

ですので、決して気持ちだけの問題ではありません。

起立性調節障害が良くなるスピードは、人それぞれ違いますが、最終的には起立性調節障害は、成長と共に良くなっていく傾向にあるので、心配する必要はありません。

ですので、まずは起立性調節障害をきちんと理解して、お子さんに寄り添ってあげることが大事です。

子供のことを理解してあげないことが、起立性調節障害を治すうえでも、今後の親子関係を築いていくうえでも一番良くないので、気をつけて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営中。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みの緩和方法や正しい体の動かし方、メンタル向上のアドバイスが得意。