椎間板ヘルニアの症状だけど、レントゲンでは異常なし

清水院長

こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「椎間板ヘルニアの症状だけど、レントゲンでは異常なし」について、お話したいと思います。

なぜ椎間板ヘルニアではないのか?


足の痺れや腰の痛みなど、椎間板ヘルニアのような症状があるのに、実際に整形外科に行って、検査してもらうと、ヘルニアは無いと言われたことはありませんか?

なぜ椎間板ヘルニアのような症状が出ているのに、検査ではヘルニアが映らないのか?

それは、ヘルニアは原因ではなく、腰の痛みや足の痺れが出ているからです。

では詳しく説明していきます。

椎間板ヘルニア以外でも神経の圧迫は起こる


椎間板ヘルニアは、背骨にある椎間板が潰れて神経を圧迫し、その結果腰や足の痺れや痛みが発生しているというイメージがあると思います。

そのイメージは合っていますが、神経の圧迫は椎間板だけが引き起こすものではありません。

例えば、お尻の筋肉が硬くなることで、神経を圧迫することもあれば、関節の動きが悪くなり神経を圧迫することもあります。

正座で足が痺れるなどが良い例でしょう。

あれも筋肉や関節が神経を圧迫している証拠です。

このように神経を圧迫するという現象は、椎間板だけではなく、あらゆる部位をから引き起こされます。

まとめ


まとめると、足や腰の痛みや痺れ(椎間板ヘルニアの症状)は、椎間板の圧迫だけでなく、筋肉や関節が硬くなることでも起こります。

神経が走行している部分に異常が起これば、痛みを痺れが引き起こされます。

ですので、検査をしてヘルニアが見つからなくても心配しないでください。

それは椎間板以外の場所に原因があるという証拠ですので、焦らず対処していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みや痺れの緩和方法や、正しい体の動かし方による怪我予防、パフォーマンスUPなどのアドバイスが得意。