お尻の右側が痛い原因

清水院長
こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「お尻の右側が痛い原因」について、お話したいと思います。

お尻の右側が痛い原因

急にお尻の右側が痛くなる原因として一番に考えられることは、坐骨神経に何らかのトラブルがあることです。

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があり、高齢になると腰部脊柱管狭窄の可能性があります。

その他には、梨状筋症候群などもあります。

それぞれを簡単に説明していきます。

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間にあるクッションが潰れて、神経を圧迫している状態です。

右のお尻が痛い場合は、坐骨神経が圧迫されている可能性が高いです。

腰部脊柱管狭窄について

腰部脊柱管狭窄とは、脊柱管と言われる神経が通る骨のトンネルが、狭くなり坐骨神経を圧迫している状態です。

脊柱管と呼ばれる骨のトンネルが狭くなるのは、50代を超えた中高年に多く見られます。

梨状筋症候群について

梨状筋症候群は、お尻にある梨状筋と言われる筋肉が、坐骨神経を圧迫して起こります。

レントゲンを撮って、骨や椎間板に異常が無いのに、お尻が痛い場合は梨状筋症候群の可能性があります。

対処法

対処法としては、痛み止めやブロック注射などの神経にアプローチするものや、腰を引っ張る牽引のように骨に直接アプローチするもの、マッサージなど筋肉にアプローチするものがあります。

どの治療法も効果はありますが、自分の右のお尻の痛みの原因を正確に把握することが重要です。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営中。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みの緩和方法や正しい体の動かし方、メンタル向上のアドバイスが得意。