ずっとめまいが治らない?

清水院長
こんにちは、松戸整体院院長の清水です。

本日は、「ずっとめまいが治らない」について、お話したいと思います。

めまいとは?

めまいが起きると、不安を感じてしまう人が多いと思います。

急に視界がくるくる回ったり、フワフワ感じたりなど、いつもと違う感じがするので、恐怖を感じると思います。

めまいの中にも危険なめまいとそうでないめまいがあるので、まずをそこを理解することで、めまいの恐怖から開放されます。

危険なめまいとは?

めまいが一番怖いと思う理由としては、脳からきているのではないかと言うことです。

脳に腫瘍などがあり、その影響で起こるめまいが一番危険です。

ですので、不安な方はまずは脳からきていていなか調べるために病院で検査してもらうと良いでしょう。

危険ではないめまいとは?

脳に障害がないめまいは危険ではありません。

めまい自体はとても不快ですが、ここで言う危険とは、生命に関わると言う意味です。

そもそもめまいも腰痛や肩こり、頭痛と同じカテゴリーだと思って下さい。

どういう意味かと言うと、誰でもなる可能性はあるし、誰でも良くなる可能性はあると言うことです。

ですので、めまいが起きたからといって、落ち込んだりする必要がありません。

どうやったらめまいが治るのか?

めまいを治そうと、脳外科、神経内科や耳鼻科に行き、検査もしてもこれといって異常がない場合は、ほんんどの場合が自律神経が原因だと思って下さい。

自律神経が原因と聞くと、もっと深い原因があるのでは考える方もいます。

耳石のズレや内耳に水分が溜まっているのが原因と思う方もいますが、そのズレや水分の溜まりの大元の原因になっているのが自律神経なのです。

ですので、めまいになって、病院でも原因不明と言われた時は、自律神経を整えたり、ストレスをあまり受けすぎないようにすることが、めまいを改善していくための最初の一歩になりますので、めまいで悩まれている方は参考にしてみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

清水亮彦

千葉県松戸市でプライベート整体サロン松戸整体院を運営。 痛くなく短時間で終わる『AS療法』をメインに活動中。 元シンガポールプロサッカー選手の経験を活かし、体の痛みや痺れの緩和方法や、正しい体の動かし方による怪我予防、パフォーマンスUPなどのアドバイスが得意。